商品検索

昆布屋ライダーキングコンブログ

Ladies Riderミネコンブログ

商品カテゴリ

営業日カレンダー

2017年12月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

2018年01月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

       は定休日です

今日、10月30日に木枯らし1号が吹きました。
すっかり冬支度です。
木枯らしに吹かれて、肩を縮めながら家路についた時、温かなお鍋がありがたい季節です。
今日は、おでん? 昆布の出汁がきいたしゃぶしゃぶ?
皆さんの好きなお鍋は何ですか???

出汁醤油を使っても、昆布を入れるともっと美味しくなりますよ

ご利用に関して

HOME -> 昆布豆知識

昆布豆知識

昆布はミネラル豊富で低カロリー、とってもヘルシーな「海の野菜」です。

「海の野菜」とも呼ばれる昆布は、健康・美容におすすめなおいしい&ヘルシーな、ミネラルフードです。
このページでは、そんな昆布をもっと知っていただく、昆布の豆知識をご紹介します。

昆布の栄養

昆布水を作ろう

昆布の選び方

昆布の栄養

昆布はビタミンB1やB2、カルシウム、食物繊維などを豊富に含む、低カロリーなミネラルフードです。
食生活に取り入れたい昆布の栄養素をご紹介します。

昆布はヘルシー&おいしいミネラルフード!栄養もたっぷりです!

「海の野菜」とも呼ばれる昆布は、ビタミンB1やB2、カルシウム、食物繊維、ヨウ素を豊富に含み、
低カロリーなミネラルフードです。最近注目の栄養素も含まれる昆布を上手に取り入れ、健康な毎日を送りましょう!

美味しい昆布の3つのポイント!!

ポイント1 昆布に含まれる微量栄養素・ミネラル

昆布に含まれるミネラル分としてよく知られているものに、ヨウ素やカルシウム、鉄分があります。昆布に含まれるミネラルは、身体に欠かせない微量栄養素。
体内で生成することができないため、食物から摂取する必要があります。

ポイント2 昆布で補う不足しがちなカルシウム

丈夫な骨や歯をつくるカルシウムといえば、牛乳や小魚が有名ですが、昆布も負けてはいません!昆布100gあたり(可食部)のカルシウム量は、約710mg。
日本人の成人が1日に必要なカルシウム量の約600mgを上回る保有量です!

ポイント3 昆布のぬめりの正体は、食物繊維やフコイダン

昆布のヌメリの正体は、昆布や海藻類特有のぬめりは「粘質多糖類」と呼ばれるもので、たくさんの糖があつまってできたもの。 腸を刺激して排便を良くしたりするので、
大腸ガンの予防にもつながると言われています。
その中に含まれる成分「U-フコイダン」と「アルギン酸」の効用が注目されています。

ポイント3 昆布のぬめりの正体は、食物繊維やフコイダン

◆ピロリ菌から胃を守るU-フコイダン

ピロリ菌は、胃壁の弱っている部分にくっつき、胃潰瘍を引き起こします。
その動きをブロックするのがU-フコイダン。予防だけでなく、できてしまった潰瘍の修復、胃の痛み等の予防にも役立つといわれています。

◆「アルギン酸」の優れた働きに注目

アルギン酸には、体内のナトリウムと結合し体外に排出させて血圧を下げる働きがあります。
また、腸内のよぶんなコレステロール(悪玉コレステロール)や塩分を吸着して、体外に便として排出する働きがあります。コレステロール値が気になるとお悩みの方にも最適です。

昆布水を作ろう

昆布と容器があれば簡単に作れる「昆布水」は、美味しくてヘルシーなうえ、昆布だしとしてお料理に使えて、
とっても便利!ぜひご家庭でもお試しください。

簡単便利な昆布水で美味しく健やかに!

ミネラルを含みヘルシーなうえ、昆布だしとしてお料理に使える「昆布水」は、昆布をお水に浸すだけ!
昆布と容器があればどなたでも簡単に作ることができます!

簡単便利な昆布水の作り方・使い方

簡単便利な昆布水の作り方・使い方

水1.5リットルに対して、昆布を約20g入れます。昆布の表面にある白い粉は、昆布の旨み成分「マンニット」ですので水で洗わないでください。
付着した砂などが気になる場合は、濡れぶきんで表面を軽く拭く程度にしましょう。 そのまま半日寝かしておくだけ。美味しい「昆布水」のできあがりです。 冷蔵庫に保管しておけば1週間ぐらいは持ちますが、暑い夏場などはできるだけ早目に使い切りましょう。

◆使い方例

・毎日、コップ1杯飲む ・水出しの昆布出汁として料理に使う など

昆布の選び方・保存方法・下ごしらえ

美味しい昆布の選び方、正しい下準備や保存法をご存知ですか?
昆布の種類は実に豊富!用途にあわせて最適で良質な昆布を賢く選んで、
美味しくいただくためのポイントをご紹介します。

美味しい昆布の選び方

肉厚で黒く、香りがよいものを

◆肉厚で黒く、香りがよいものを

良質な昆布を見分けるポイントは、黒くて緑褐色がかっていること。あまりにも黒い昆布は、旬に水揚げされたものではなく、味もいまいちです。
また、黄色がかってツヤのない昆布も味が落ち、良品ではありません。
さらに、香りがいいことも良質な昆布の条件です。
手にした感触がよく乾燥しており、つかんでみて肉厚なのがすぐにわかる昆布を選ぶと良いでしょう!

旨み成分の「白い粉」がポイント!

◆旨み成分の「白い粉」がポイント!

昆布の表面に付いた白い粉。これはマンニットという成分で、昆布の旨みを見分けるポイントとなります。
決して汚れやカビではありません。マンニットは、昆布を乾燥させたときに水分とともに昆布表面に出てきて白い粉状に結晶しています。
昆布の上品な甘さのもとになる、旨み成分なので、適度に白い粉の出ているものを選ぶのが重要です。

昆布の保存方法

長期の保存は密封して冷凍 or 冷蔵!

◆長期の保存は密封して冷凍 or 冷蔵

昆布を美味しくいただくには、世の中の多くの食材と同じように、早めに使うことが重要です。しかし、買い置きなどをして長時間保存する場合は、密封容器やビニール袋などに入れて湿気を避け、冷蔵庫や冷凍庫などの乾燥した場所へ保存すれば、一定の風味を保つことができます。 あらかじめお料理に使いやすい大きさ(10~15cm角くらい)に切り分けしておくと、とても便利です。

昆布を調理する際の下ごしらえ

昆布は洗ってはいけません!!!

◆昆布は洗ってはいけません!!!

昆布の表面には、加工の過程で付着した砂などが見られることがあります。でも、昆布を水でざぶざぶ洗ったりしないでください。水洗いしてしまうと、昆布の表面に付着している極上の旨み成分マンニットが、一緒に洗い流されてしまいます。
汚れが気になる場合には、固く絞った濡れぶきんで表面を拭き、軽く落とす程度にするとよいです。 結び昆布のように、やわらかく戻してから使うものは、濡れぶきんで砂を落してから水に浸します。昆布のもどし汁は、旨み成分が凝縮された出汁として使えます。

Check Point 出汁を取った昆布は捨てないでっ!!!~

Check Point 出汁を取った昆布は捨てないでっ!!!~

鍋などで使った後の出汁昆布捨ててませんか?
出汁を取った後でも、まだまだ旨みがたっぷり含まれています。
そんな昆布の活用術をミネコンが伝授します!

材料

  • 出汁を取った後の昆布(冷凍などして沢山集めてください。)
  • 砂糖
  • みりん
  • 醤油

レシピ

  1. 集まった昆布を食べやすい大きさに(細切りや、一口サイズに)カットします
  2. 昆布が浸かる量のお酢に、1時間以上漬け込みます。(時間はお好みで調整してください)
  3. 2で漬けた昆布をお酢ごと、砂糖、みりん、醤油でしっかりと煮れば、絶品つくだ煮の完成!
  4. ほかほかご飯でいただきます!
美味しい活用レシピ

ご飯との相性抜群!
おかずに、おつまみに、
是非ご賞味ください!

インターネットから24時間ご注文可能です。

昆布巻き、結び昆布など昆布のことなら山海食品株式会社へ

山海食品株式会社

新規登録

ログイン

お買い物かご

ご注文・商品に関するお問い合わせはこちらから TEL:072-361-0715 営業時間 9:00~17:00

お問い合わせフォームはこちら

配送先1ヶ所につき2ケース以上のご注文で、配送料無料サービス!!

配送料一覧配送料一覧 ※全て税別表記です。

  • ■北海道・沖縄・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・1,300円
  • ■東北・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・800円
  • ■関東・信越・九州・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・600円
  • ■北陸・東海・近畿・中国・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・500円